知って得する!身近な法律☆

知って得する!身近な法律☆

交通違反にまつわる事は思い出というより経験と入った方がピタリとくるものです。その経験を元に同じ目に合わないよう、運転を気をつけるようになったので、貴重な体験とも言えるかもしれません。
初めての交通違反はスピード違反。少し遠い病院へ行く為に車を走らせていた私は、田舎ながら通勤ラッシュの只中におかれて非常に焦っておりました。このままだと受付時間に間に合わない、と。じりじりした気持ちで運転していて、ようやく流れが良い道に入った途端に、それまでの焦りの気持ちが爆発して、一気に加速!でも、直ぐに気持ちを取り直して減速したその時、前方で警官が大きく旗を振る姿が目に飛び込んできたのでした。丁度取締りをしていて引っかかってしまったわけです。かなりのスピード超過で【簡易裁判所に行って罰金】と宣告されてしまいました。でも、実際は一発免停位のスピードから減速したところを捕まった訳なので、ある意味不幸中の幸いだったかも。

次は駐車違反でレッカーされた事。通いなれている教室のビルの前に停めていた車が別の車になっていたのを見て我が目を疑い、次に地面に書かれていたチョークの意味を理解して頭を抱えてしまいました。(自分がレッカーされた後に他の車が止まっていたのには、自分を棚上げして悔しかった)読み取り辛い番号に電話をして訊くと、かなり離れた所に車が保管されているとの事。仕方がないのでタクシーに乗り保管場所へ。何とか時間内に手続きをして車を引き取り、後日お金を振り込みました。
両方とも5万円位取られた記憶があります。(今となっては20年程前の話)お金が掛かるし手間取るし免許更新の時も面倒になるし、特に駐車違反は僅かな料金と手間を惜しんで大金と時間を取られた訳で、こりゃあいいこと無いわ、と真面目に普通に違反をしなくなったのでした。それからずっと違反無しで運転しています。違反しても本当にいいことないですよ。
SNS
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2014知って得する!身近な法律☆.All rights reserved.